内科の治療を受ける前に確認しよう│鵜の目鷹の目現代人の目

take care

目の機能調節

近くばかりを見ることは目に良くありません。

現代人は遠くを見ることよりも近くを見ることが多くなりました。PC画面やスマートフォン画面などがその典型です。これらの画面を凝視してゲームやウェブサーフィンをしていれば眼精疲労になるのは当然です。眼科医によれば、30分に1分は遠くを見るのが良いと言います。 近くを凝視している状態は、筋肉を力いっぱい緊張させている状態なのです。それが眼精疲労を起こす原因、つまり目の筋肉疲労なのです。目のレンズのピントを調節するのも筋肉なのです。 この緊張状態の継続による筋肉疲労が極限まで行くと、目の調節機能は元のようには戻らなくなってしまいます。そうなる前に、遠くを見たりして目の筋肉の緊張を定期的にほぐさなくてはなりません。

蒸しタオルで目の周りを温めると安全で効果があります。

目のレンズの厚みを変えてピント調節している筋肉はとても微細であるために素人がマッサージするのは良くありません。かえって状態を悪くしてしまいます。健康雑誌等で眼精疲労に効くマッサージや指圧方法などが載っていますが、やめておくべきです。 眼精疲労がたまってピント調節が上手く行かなくなってきた場合にお勧めできる安全な方法があります。それは、蒸しタオルで目とその周りを温める事です。これによって血行が改善され、筋肉にたまった老廃物の排泄が促されるのです。この方法ならば、素人が目の周りの微細な筋肉を痛めてしまうこともないので安心です。 清潔なタオルを湿らせてレンジで適度に温めると簡単に蒸しタオルが作れます。それを目の上に乗っけてしばらく目を休めて下さい。驚くほど眼精疲労が改善されます。

新着コンテンツ

  • 需要の高い泌尿器科

    高齢化などの時代の影響で、泌尿器科を受診する人は増えています。特に新宿は若者が多いので、性病検査のできる泌尿器科はそういった対応に速やかに取り組んでいる状況です。

    » MORE

おすすめコンテンツ

  • 性感染症の問題

    性感染症を広く診療する性病科では、現在受診しやすい雰囲気を築いて幅広いニーズにこたえられるような診療を行なっています。東京には大手の性病科も登場しており、受診しやすい態勢が整えられているのです。

    » MORE

  • さいたま市の内科

    さいたま市の内科は患者さんの様々な症状により内科の需要も多くあります。風邪などの比較的軽い内容から高血圧症や糖尿病などの長期的治療まで診ています。また診察だけではなく、予防接種や健康診断なども行っています。

    » MORE